正しい歯磨きの方法|【歯医者での治療情報まとめ】優良歯医者を見つけるコツ

歯医者.net

健康な歯を保つために定期的に歯医者に通おう!

正しい歯磨きの方法

ウーマン

予防歯科について

銀座駅周辺には、虫歯の予防するための治療を行っている歯医者があります。虫歯になってしまうと見た目が悪くなってしまうだけでなく、痛みもあり、酷くなると痛くて食事ができなかったり眠れなくなってしまう可能性もあります。そのつらい状態になってしまう前に予防をするのです。

定期的に通う

歯医者では虫歯治療をしに行く方が多く、痛くて通いたくない場所というイメージをお持ちの方も多いと思います。しかし、予防治療は痛みもなく、歯をきれいに保つことができるのです。定期的に通って虫歯ができていないか、歯磨きはきちんとできているのかなどをチェックしてもらうことができます。

歯の矯正で虫歯予防

歯並びが悪いと、歯磨きの際に上手く磨けずに虫歯になりやすいという特徴もあります。その歯並びを整えることで磨き残しを減らすことができ、虫歯を予防することができます。その他にも、歯に自信が持てるようになったり、歯並びやかみ合わせが原因で起こっていた頭痛などを改善することができます。

歯磨きをする際の注意点

就寝前は必ず磨く

歯磨きは、毎回の食後に行うのが理想です。しかし、毎回歯間ブラシなどを使っていては時間もかかってしまうので、忙しい朝や時間の掛けられない昼は歯磨きのみでもよいでしょう。その代わり、夜はきちんと磨くことが大切です。寝ている間に虫歯菌が増えやすいので、就寝前は丁寧に磨いておきましょう。

乾いた状態の歯ブラシを使用

歯磨き前に歯ブラシを濡らさずに使用することをおすすめします。歯磨き粉を使っている場合、水に濡らすと泡立つため、きちんと磨けていなくても磨けた気になってしまったり、歯に良い効果のある成分が流れてしまいます。そのため、歯磨き前は歯ブラシを濡らさずに使用することをおすすめするのです。

すすぎ過ぎない

歯磨き粉をきれいに流すためや、汚れをきれいに落とすためにとすすぎをたくさん行う方もいます。しかし、その方法では歯磨き粉の大事な成分も一緒に流れ落ちてしまいます。歯磨き粉には歯を守る成分や再石灰化を助ける成分が含まれているので、全て流してしまわないようにすすぎは1~2回で済ませるようにしましょう。

歯ブラシは定期的に交換する

歯ブラシを2ヶ月も3ヶ月も使用していては、ブラシの毛先が広がってしまいきちんと細かい部分まで磨けなくなってしまいます。その他にも、雑菌が増えてしまうということがあるので、歯ブラシは月に1回は交換することをおすすめします。

広告募集中